デリヘル嬢になる女性の特徴

デリヘル嬢になる人妻

キャバクラ嬢としてデビューするのは学生やハタチ過ぎの女性が多いですが、デリヘル嬢としてデビューするとなるとその年齢はもう少しだけ上がってきます。キャバクラ嬢からデリヘル嬢に転身する女性も居ますし、結婚して人妻になってからデリヘル嬢に転身する人も居ます。あるいは昼間の時間はデリヘル嬢として働いて、夜の時間はキャバクラ嬢になる人も居ます。

もちろん昼間は販売員やOLの仕事をしていて、夜の時間だけデリヘル嬢になる女性も居ます。デリヘルの仕事はある程度の時間の融通が利くので、上手に活用している女性がほとんどです。

女性がこの世界で働く場合は、自分の中でのルールを決めている人がほとんどです。キャバクラで働くのはOKでも、触られるのは絶対に嫌。キスや体を触られるのはOKだけど、本番はNGなど。そういった自分の中でのルールを決めた上で、キャバクラ嬢、ピンサロ嬢、デリヘル嬢、ソープ嬢などの選択肢の中から選ぶ女性が多いようです。

キャバクラ嬢の場合はとにかく気遣いができる女性が勝つ世界であるとも言われています。お店で男性客の胸中を察したり、マメにメールの返事をしたり、そういった事を察して適切な対応ができる女性がナンバーワンになると言われています。その一方でデリヘル嬢の場合は、キャバクラ嬢ほどに気を使う必要は無いと言われています。もちろん自分のお客さんは大事にする必要はありますが、神経を使うという意味で言えばキャバクラ嬢の方が上です。デリヘル嬢に向いているのは、どちらかというと大雑把で性格のハッキリした女性の方が天職なのかもしれません。

加えて言うならデリヘル嬢は男性に奉仕する仕事でもあります。どちらかというと尽くすタイプの女性は、デリヘルの仕事にやりがいを感じるケースが多いようです。デリヘルのプレイが事務的になってしまうと、利用する男性客は冷めてしまいます。本当に自分の恋人あるいは奥さんのようになりきって奉仕をできる女性が、デリヘル嬢として力を発揮する女性と言っても良いでしょう。